グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  教員紹介 >  教授 杉山 三七男/Minao Sugiyama

 

教授 杉山 三七男/Minao Sugiyama


最終卒業(修了)
大学・大学院
専修大学大学院経営学研究科博士課程単位修得退学
学位 経営学修士 (1981年3月) 青山学院大学
主な職歴 1985年から専修大学北海道短期大学、1990年から聖泉短期大学に勤め、2000年より静岡産業大学経営学部助教授となる。一貫して、経営学とその関連領域を担当。専門は、人間関係論である。2005年4月より同大学経営学部教授となり、現在に至る。
専門分野 経営管理論、経営組織論
研究テーマ 人間関係論、経営教育方法論
担当科目 経営学総論A・B、経営管理論、人間関係論、人事管理論、組織論
所属学会 組織学会、日本経営学会、日本マネジメント学会、経営学史学会
社会的活動 磐田市国民健康保険運営協議会委員
教育・研究内容 私の専門領域は、経営学の中の人間関係論と呼ばれるかなり古いところである。確かに経営学の一分野ではあるが、むしろ社会心理学に近い内容であって、現在われわれが直面している多くの問題に関連している。主に注目しているのは、人々の強迫観念である。それに基づく思索がどのようなものであり、人間関係にどのような影響を与えているのかを明らかにしようとしている。
 この観念が問題として現れてくるのは、孤独な状況での悩み、人々の話し合いの場、感情的対立の場、集団間の闘争の場などである。そこで目に付くのは、人の思い込みの強さである。そして重要な点は、当の本人がそれを思い込みではなく真実だと考えていることである。そのために話し合いが進まないことが多い。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
著書 現代経営学 1998年3月 学文社
やさしく学ぶマネジメントの
学説と思想
2003年6月 ミネルヴァ書房
経営学史叢書Ⅲ、
メイヨー=レスリスバーガー
2013年5月 文眞堂
学術論文 経営学における人間理解の一局面
-レスリスバーガーとメイヨウ、そしてジャネ-
1994年10月 『聖泉論叢』第2号聖泉短期大学学会
レスリスバーガーの基本スタンス 1997年6月 『アメリカ経営学の潮流(経営学史学会年報)』文眞堂
コミュニケーションと誤解
-レスリスバーガーの所説を中心に-
2000年12月 静岡産業大学論集「環境と経営」
第6巻第2号
誤解を解く糸ロ
-レスリスバーガーのコミュニケーション論-
2003年6月 静岡産業大学論集「環境と経営」
第9巻第1号
老舗菓子店の経営戦略とマネジメント 2015年12月 静岡産業大学論集、『環境と経営』
第21巻、第2号
その他 レスリスバーガーのコミュニケーション・スキル観
-「経営者のスキル」(1953)の翻訳-(翻訳)
2002年10月 静岡産業大学論集「環境と経営」
第8巻第2号
レスリスバーガーのジェネラリスト観
-「ジェネラリストと革命」
(1962)の翻訳-(翻訳)
2003年6月 静岡産業大学論集「環境と経営」
第9巻第1号
レスリスバーガーの管理者育成観
-「マネジメント、過去20年の発展」
(1963)の翻訳-(翻訳)
2003年12月 静岡産業大学論集「環境と経営」
第9巻第2号