グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  教員紹介 >  准教授 山田 悟史/Satoshi Yamada

 

准教授 山田 悟史/Satoshi Yamada


最終卒業(修了)
大学・大学院
中京大学大学院
学位 修士(2000年3月)体育学
主な職歴 2009年4月より静岡産業大学特任講師。
2011年4月より静岡産業大学専任講師。
2016年4月より静岡産業大学准教授。
現在に至る
専門分野 スポーツ保育、スポーツコーチング、水泳、バイオメカニクス
研究テーマ 幼児の運動技術と技術習得のメカニズムの分析。
幼児スポーツのコーチング法。
担当科目 スポーツコーチング、スポーツ保育1、ジュニアスポーツ指導法、ジュニアスポーツ指導演習
スポーツ保育実習、ジュニアスポーツ実習、スポーツバイオメカニクス
所属学会 日本体育学会、日本バイオメカニクス学会、日本水泳水中運動学会、日本機械学会、大学教育学会、
日本コーチング学会
社会的活動 磐田市子ども・子育て会議会長
磐田市立治験審査委員会外部委員
教育・研究内容  「主体性」を教育の基本とする。福沢諭吉の考えに「一身独立して一国独立す」というのがある。この「一身独立」の基本は「主体性」だと考える。自ら考え、自ら目標を定めて、自ら行動する。そして、自身の行動に責任を持つ。この「自己成長力」とも言える「主体性」を学生が存分に発揮し、高めていける教育を目指す。
 幼児期のスポーツ(あそび)がおよぼす影響。幼児の動作のメカニズムや動作習得のプロセスなどを明らかにしていく。また、幼児が楽しく取り組める遊びや指導法についても取り組む。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
著書 英語落語・日本語落語で生き生き人生! 2005年8月 恒星社厚生閣
スポーツ保育ガイドブック 2014年3月 静岡新聞社
学術論文 競泳の技術評価のための新しい指標の開発
-ストロークの力積からの可能性-
2004年11月 中京大学体育学論叢
第四十五巻第二号
力積を基にした競泳技術の評価指標 2010年6月 静岡産業大学「環境と経営」
第16巻第1号
知識獲得型講義における「当日レポート方式」の導入 2011年12月 静岡産業大学「環境と経営」
第17巻第2号
両足ホッピングのピッチ変化に伴う位相変化と下肢動作についての基礎研究 2013年3月 静岡産業大学「環境と経営」
第18巻第2号
その他 水中運動における付加質量についての基礎的研究 2000年7月 第16回日本バイオメカニクス
学会大会
水中運動における画像による測定法と変位・角速度センサシステムによる測定法の誤差の比較および検討 2002年9月 第17回日本バイオメカニクス
学会大会
水中運動における身体の角速度ベクトルの電気計測 2003年11月 日本機会学会ジョイント
シンポジウム2003