グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  教員紹介 >  教授 大堀 兼男/Kaneo Ohori

 

教授 大堀 兼男/Kaneo Ohori


最終卒業(修了)
大学・大学院
東京理科大学大学院理学研究科修士課程化学科専攻修了
学位 医学博士 (1987年7月) 浜松医科大学
主な職歴 1977年 5月 浜松医科大学医学部 助手
1995年 4月 静岡産業大学経営学部 助教授
1999年 4月 静岡産業大学経営学部 教授
専門分野 生命科学
研究テーマ 細胞接着、小児の生活習慣病
担当科目 細胞と遺伝、生物と進化、経営統計学A・B、地域と健康、公衆衛生学A・B
所属学会 日本生化学会、日本公衆衛生学会、日本衛生学会、日本動脈硬化学会
社会的活動 磐田市立総合病院運営懇話会委員
教育・研究内容 生命科学、公衆衛生学、経済統計学を担当している。疫学、特に小児の生活習慣病などを研究してきた。最近は、以前研究していた細胞接着分子の進化に興味をもっている。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
学術論文 高脂血症とEBM 2000年5月 臨床栄養第96巻
免疫グロブリンスーパーファミリーのC1セットを持つ
タンパク質たち
2000年12月 静岡産業大学論集『環境と経営』
第6巻第2号
思春期におけるアポ蛋白の因子分析 2001年6月 動脈硬化第29巻
免疫グロブリン軽鎖の進化 2003年6月 静岡産業大学論集『環境と経営』
第9巻第1号
免疫グロブリンスーパーファミリーのCD2ファミリー 2004年12月 静岡産業大学論集『環境と経営』
第10巻第2号
その他 高校生における小児成人病予防検討結果報告書 1998年3月 小児成人病予防
対策推進検討会