グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  教員紹介 >  特任教授 松本 幸男/Yukio Matsumoto

 

特任教授 松本 幸男/Yukio Matsumoto


最終卒業(修了)
大学・大学院
青山学院大学大学院経済学研究科経済政策専攻博士課程単位取得満期退学
学位 経済学博士
主な職歴 1995年 4月 静岡産業大学経営学部 専任講師
1998年 4月 静岡産業大学経営学部 助教授 
2002年 4月 静岡産業大学経営学部 教授
専門分野 アメリカ経済史、アメリカ金融史
研究テーマ アメリカ建国初期の財政・金融政策、ロバート・モリスの財政・金融政策
担当科目 金融論A・B、経済史、金融史
所属学会 社会経済史学会、アメリカ経済史学会、アメリカ学会、金融学会、西洋史学会、史学会
教育・研究内容 教育面では、専門分野との関連で西洋経済史の概説書の共同執筆に加わりました。18世紀から20世紀初頭までのイギリスとアメリカの銀行制度の発展過程を執筆。
研究面においては、アメリカ経済史、とくに建国期アメリカ経済史を対象としています。その研究成果を著書として2011年3月刊行しました。また、他大学の研究者と共に『アメリカ経済経営史事典』の翻訳に取り組み刊行(2008年12月)しました。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
著書 モリス「公信用に関する報告書」再考
-ハミルトンとの比較において-
2002年5月 アメリカ経済史研究創刊号
モリスの国立銀行構想について
-ハミルトンとの比較において-
2002年10月 静岡産業大学論集「環境と経営」
第8巻第2号
ワシントン政権下の連邦政府の成立と
建国初期アメリカ資本主義
2008年12月 アメリカ経済史研究第7号
アメリカ経済経営史事典(共訳) 2008年12月 創風社
建国初期アメリカ財政史の研究
-モリス財政政策からハミルトン体制へ-
2011年3月 刀水書房
その他 田中敏弘著
「アメリカの経済思想-建国期から現代まで-」(書評)
2003年5月 社会経済史学
第69巻第1号
学会報告
「ワシントン政権下の連邦政府と建国初期アメリカ 資本主義」
2007年10月 第50回アメリカ経済史学会
全国大会(於 熊本大学)