グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  教員紹介 >  客員教授 小林 寛道/Kando Kobayashi

 

客員教授 小林 寛道/Kando Kobayashi


最終卒業(修了)
大学・大学院
東京大学大学院教育学研究科体育学専門課程修了
学位 教育学博士(1970年3月)東京大学
主な職歴 1970-1986 名古屋大学 技官、助手、助教授
1986-2006 東京大学教養学部・大学院総合文化研究科 助教授、教授
2006-2013 東京大学大学院新領域創成科学研究科 特任教授
2007-2013 日本大学国際関係学部特任教授
2007-現在 静岡産業大学経営学部 客員教授
専門分野 スポーツ科学
研究テーマ 認知動作型スポーツトレーニング法の開発認知動作型トレーニングマシンの開発、認知動作型健康・スポーツ向上システムの構築
高地トレーニングに関する研究
陸上競技選手の動作分析
青少年の体力向上に関する運動生理学的研究
所属学会 日本発育発達学会、日本陸上競技学会、日本体育学会、NPO法人高所トレーニング環境システム研究会、日本体力医学会、NPO法人東大スポーツ健康マネジメント研究会
社会的活動 日本発育発達学会編集「子どもと発育発達」編集長
NPO法人東大スポーツ健康マネジメント研究会 理事長

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
著書 スポーツ認知動作学の挑戦2.
健康寿命を延ばす認知動作型QOMトレーニング[単著]
2013年 杏林書院
その他 21世紀の体育・スポーツ科学について 2000年 杏林書院
(分担執筆)書名:21世紀と体育・スポーツ科学の発展
日本体育学会第50回大会記念誌
スポーツ認知動作学の挑戦1.
ランニングパフォーマンスを高めるスポーツ動作の創造
2001年 杏林書院
ジュニア競技選手のトレーニング
(トレーニング生理学(芳賀脩光、大野秀樹 編)
2003年 杏林書院