グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  教員紹介 >  特任教授 山田 一之/Kazuyuki Yamada

 

特任教授 山田 一之/Kazuyuki Yamada


最終卒業(修了)
大学・大学院
1984年 東京大学文学部卒業
1992年 学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得満期退学
学位 1999年 博士(人間科学) (早稲田大学)
主な職歴 1990年4月
東京都立商科短期大学経営学科
(東京都立短期大学経営システム学科)
非常勤講師 (2001年3月まで)
1994年4月
専修大学文学部非常勤講師(1997年3月まで)
1994年4月
明治学院大学文学部非常勤講師(1998年3月まで)
1996年4月
国立精神・神経センター
(現国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター)
神経研究所研究生・センター研究員
1997年4月
国立精神・神経センター
(現国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター)
神経研究所流動研究員 (2001年12月まで)
2002年1月
独立行政法人(現国立研究開発法人)理化学研究所研究員
(2016年3月まで)
2016年4月
静岡産業大学経営学部特任教授就任
専門分野 実験心理学、行動心理学、行動神経科学
研究テーマ 行動の遺伝学的基盤、ストレス性行動異常の発現機序、
環境要因の行動発達への影響 など
担当科目 健康心理学、心理アセスメント、ストレスと健康の科学、親と子の行動心理学、青年心理学、
臨床心理学、心理療法概論、精神保健
所属学会 日本心理学会、日本動物心理学会、日本分子生物学会、日本神経科学学会、日本行動神経内分泌研究会
教育・研究内容 行動異常の発生メカニズムについて、遺伝学的要因・ストレス・発達環境などの側面から基礎的な研究を行っています。また、より多面的に行動を測定するために、実験装置の開発にも力を入れています。実験に限らず調査や観察など行動の見方を工夫することで、行動をより深く理解することができると考えています。講義という限られた枠の中ですが、できる限り学生の皆さんが自ら行動を測定し評価する機会を作って、自己と他者の理解を深めていけるように工夫をしていきたいと思っています。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
著書 改訂版キーワードコレクション心理学 2012年 新曜社
実験心理学の新しいかたち 2004年 誠信書房
遺伝子と行動—ミュータントマウスの作製と行動変異の探索- 2003年 ナカニシヤ出版
新世紀の精神科治療 第6巻 認知の科学と臨床 2002年 中山書店
キーワードコレクション心理学 1994年 新曜社
学術論文 "Single expousure to antidepressants during infancy is associated with delayed behavioral changes in C57BL/6J mice. 2016年 World Journal of Neuroscience, Vol. 6
Brief hind paw stimulation is sufficient ti induce delayed somatosensory discrimination learning in C57BL/6 mice. 2016年 Behavioral Brain Research, Vol. 301
A top-down cortical circuit for accurate sensory perception. 2015年 Neuron, Vol. 86
Heterozygous Plog mutation causes mtDNA deletions and motor dysfunction in mice. 2014年 Annals of clinical and translational neurology, Vol. 1
Elfn1 recruits presynaptic mGluR7 in trans and its loss results in seizures. 2014年 Nature Communications, Vol. 5
Soft-diet feeding after weaning affects behavior in mice: potential increase in vulunerability to mental disorders. 2014年 Neuroscience, Vol. 263
Mouse with Na1.1 haploinsufficiency, a model for Dravet syndrome, exhibits lowered sociability and learning impairment. 2013年 Neurobiology of Disease, Vol. 49
Rines E3 ubiquitin ligase regulates MAO-A levels and emotional responses. 2013年 The Journal of Neuroscience, Vol. 33
Comparative characterization of GPRC5B and GPRC5C LacZ knockin mice; Behavioral abnormalities in GPRC5B-deficient mice. 2011年 Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol. 412
Impaired cognitive function and altered hippocampal synapse morphology in mice lacking Lrrtm1, a gene associated with schizophrenia. 2011年 PLoS ONE, Vol. 6
ERK2 Contributes to the Control of Social Behaviors in Mice. 2011年 The Journal of Neuroscience, Vol. 31
Potent in vivo amyloidogenicity of Aβ43. 2011年 Nature Neuroscience, Vol. 14
Zic2 hypomorphic mutant mice as a schizophrenia model and Zic2 mutation identified in schizophrenia patients. 2011年 Scientific Reports, Vol. 1
Analysis of fear memory in Arc/Arg3.1-deficient mice: intact short-term memory and impaired long-term and remote memory. 2011年 World Journal of Neuroscience, Vol. 1
Impaired Auditory-Vestibular Functions and Behavioral Abnormalities of Slitrk6-Deficient Mice. 2010年 PLoS ONE, Vol. 6
Glycosphingolipid systhesis in cerebellar purkinje neurons: roles in myelin formation and axonal homeostasis. 2010年 Glia, Vol. 58
Strain differences of selective attention in mice: Effect of Kamin blocking on classical fear conditioning. 2010年 Behavioural Brain Research, Vol. 213
Social isolation stress induces ATF-7 phosphorylation and impairs silencing of the 5-HT 5B receptor gene. 2010年 EMBO Journal, Vol. 29
Deletion of RAGE causes hyperactivity and increased sensitivity to auditory stimuli in mice. 2009年 PLoS One,  Vol. 4
Physical properties of bedding materials determine the marble burying behavior of mice (C57BL/6J). 2009年 The Open Behavioral Science Journal, Vol. 3
X11-Like Protein Deficiency Is Associated with Impaired Conflict Resolution in Mice. 2009年 The Journal of Neuroscience, Vol. 29
Dual involvement of G-substrate in motor learning revealed by gene deletion. 2009年 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America , Vol. 106
Slitrk1-deficient mice display elevated anxiety-like behavior and noradrenergic abnormalities. 2008年 Molecular Psychiatry, Vol. 15
Inducible cAMP early repressor acts as a negative regulator for kindling epileptogenesis and lomg-term fear memory. 2008年 The Journal of Neuroscience, Vol. 28
Behavioral and gene expression analysis of Wfs1 knockout mice as a possible animal model of mood disorder. 2008年 Neuroscience Research, Vol. 28
Reduction in memory in passive avoidance learning, exploratory behavior and synaptic plasticity in mice with a spontaneous deletion in the ubiquitin C-terminal hydrolase L1 gene. 2008年 European Journal of Neuroscience, Vol. 27
ERK2 knockdown in mouse show deficits in reference memory; ERK2 has a specific function in the learning and memory. 2007年 The Journal of Neuroscience, Vol. 27
Lass of M5 muscarinic acetylcholine receptors leads to cerebrovascular and neuronal abnormalities and cognitive deficits in mice. 2006年 Neurobiology of Disease, Vol. 24
Comparison of mice deficient in the high- or low affinity neurotensin receptors, Ntsr1 or Ntsr2, reveals a novel function for Ntsr2 in thermal nociception. 2004年 Brain Research, Vol. 998
遺伝子改変マウスによるストレス性精神障害モデル実験系の構築. 2004年 動物心理学研究 Vol. 51
Blockade of bombesin (BN)-like peptide receptors impairs inhibitory avoidance learning in mice. 2003年 Neuroscience Letters, Vol. 340
Stress-induced memory impairment of inhibitory avoidance learning in female neuromedin B receptor-deficient mice. 2002年 Physiology and Behavior, Vol. 76
Bombesin receptor subtype-3 modulates plasma insulin concentration. 2002年 Peptides, Vol. 24
Restraint stress impaired maternal behavior in female mice lacking the neuromedin B receptor (NMB-R) gene. 2002年 Neuroscience Letters, Vol. 330
Decreased marble burying behavior in female mice lacking Neuromedin-B receptor (NMB-R) implies the involvement of NMB/NMB-R in 5-HT neuron function. 2002年 Brain Research, Vol. 942
Bombesin and its family of peptides: prospects for the treatment of obesity. 2002年 European Journal of Pharmacology, Vol. 440
Role of bombesin (BN)-like peptides/receptors in emotional behavior by comparison of three strains of BN-like peptide receptor knockout mice. 2002年 Molecular Psychiatry, Vol. 7
The AMPA receptor allosteric potentiator PEPA ameliorates post-ischemic memory impairment. 2001年 NeuroReport, Vol. 12
Post-training administration of gastrin-releasing peptide (GRP) improves memory loss in scopolamine- and hypoxia-induced amnesic mice. 2001年 Physiology and Behavior, Vol. 74
Female gastrin-releasing peptide receptor (GRP-R)-deficient mice exhibit altered social preference for male conspecifics: implications for GRP/GRP-R modulation of GABAergic function. 2001年 Brain Research, Vol. 894
Bombesin-like peptides: studies on food intake and social behavior with receptor knock-out mice. 2000年 Annals of Medicine, Vol. 32
Male mice lacking gastrin-releasing peptide receptor (GRP-R) display elevated preference for conspecific odors and increased social investigatory behaviors. 2000年 Brain Research, Vol. 870
Differential effects of social isolation upon body weight, food consumption, and responsiveness to novel and social environment in bombesin receptor subtype-3 (BRS-3) deficient mice. 2000年 Physiology and Behavior, Vol. 68
Hyperresponsiveness to palatable and aversive taste stimuli in genetically obese (bombesin receptor subtype-3 deficient) mice. 1999年 Physiology and Behavior, Vol. 66
Functional properties of two bombesin-like peptide receptors revealed by the analysis of mice lacking neuromedin B receptor. 1999年 The Journal of Neuroscience, Vol. 19
Bombesin, obesity, and social behavior. 1998年 Molecular Psychiatry, Vol. 3
Mice lacking bombesin receptor subtype-3 develop metabolic defects and obesity. 1997年 Nature, Vol. 390
Generation and characterization of mice lacking gastrin-releasing peptide receptor. 1997年 Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol. 239
Temporal distribution of drinking in variable time schedule-induced drinking in rats. 1995年 Japanese Psychological Research, Vol. 37
先行する嗅覚嫌悪条件づけがラットの新奇刺激に対する忌避行動に与える影響について. 1992年 基礎心理学研究, Vol. 10
嗅覚刺激の腹腔内注入による嗅覚嫌悪条件づけ. 1992年 心理学研究, Vol. 62
味覚・嗅覚複合刺激をCSとするラットの嫌悪条件づけにおける要素刺激の先行呈示効果. 1989年 動物心理学研究, Vol. 39
学会発表 Fear conditioning in physically restrained mice. 2016年 第76回日本動物心理学大会(北海道大学)
Brief hind paw stimulation is sufficient to induce delayed somatosensory discrimination learning in C57BL/6 mice. 2015年 第75回日本動物心理学会大会 (日本女子大学)
Elfn1はmGluR7をシナプス前部に集積させ、てんかんや多動症の発症に関与する. 2014年 第37回日本分子生物学会 (パシフィコ横浜)
Rines E3 ubiquitin ligase regulates MAO-A levels and emotional responses. 2013年 Neuroscience 2013, the Society for Neuroscience 43th Annual Meeting (SanDiego)
Strain difference in the response to floor texture among three inbred mice strain ?C57BL/6, C3H/He, BALB/c-. 2012年 第35回日本神経科学大会(名古屋国際会議場)
Executive function deficits and altered hippocampal synapse morphology in mice lacking Lrrtm1, a gene associated with schizophrenia. 2011年 Neuroscience 2011, the Society for Neuroscience 41th Annual Meeting (Washington, DC)
Impaired long-term but intact short-term contextual fear memory in Arc/Arg3.1-deficient mice. 2010年 The 15th Binnial Scientific Meeting of The International Society for Comparative Psychology(Awaji)
マウスを用いた発生・発達期のモノアミン系神経シグナルかく乱による遅発性中枢毒性発現の解明 (2). 2010年 日本心理学会第74回大会(大阪大学)
マウスにおける選択的注意の系統間比較. 2009年 日本動物心理学会第69回大会
(岐阜大学)
マウスを用いた発生・発達期のモノアミン系神経シグナルかく乱による遅発性中枢毒性発現の解明(1). 2009年 日本心理学会第73回大会
(立命館大学)
Deficits in conflict-resolution skills in mice lacking the adapter protein X11-like/Mint2. 2008年 Neuroscience 2008, the Society for Neuroscience 38th Annual Meeting (Washington, DC)
発達期の環境要因が成体マウスの行動に与える影響II. 2007年 日本動物心理学会第67回大会
(早稲田大学)
発達期の環境要因が成体マウスの行動に与える影響I. 2007年 日本動物心理学会第67回大会
(早稲田大学)
マウスの行動における飼育素材の効果. 2006年 日本動物心理学会第66回大会
(京都大学)
社会環境によるマウス脳エピジェネシス・脳構造・脳機能への影響. 2005年 日本発生生物学会第38回大会
(仙台国際センター)
成育環境がマウス脳エピジェネシス・脳構造・脳機能に与える影響. 2005年 第139回日本獣医学会学術集会
(理化学研究所)
ダウン症モデルマウスにおけるミトコンドリア機能異常の解析 2004年 第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会
(大阪)
遺伝カウンセリングにおける臨床心理士の役割Ⅲ 2003年 日本教育心理学会第45回総会
(大阪教育大学)
遺伝カウンセリング-家族性精神疾患の事例-. 2002年 日本教育心理学会第44回総会
(熊本大学)
「『縦断研究法』の体系化に向けて:縦断研究の特徴を活かす具体的技術の探求」 2002年 日本発達心理学会第13回大会
(早稲田大学)
遺伝カウンセリングにおける心理臨床の役割. 2001年 日本教育心理学会第43回大会
(名古屋国際会議場)
グルタミン酸受容体増強と記憶障害改善作用. 2000年 第33回精神神経系薬物治療研究報告会
(千里ライフサイエンスセンター)
新規AMPA型グルタミン酸受容体増強薬の動物作用. 1999年 第32回精神神経系薬物治療研究報告会
(千里ライフサイエンスセンター)
NMBR欠損マウスの行動解析(1). 1998年 第58回日本動物心理学会大会
(名古屋大学)
ボンベシン様ペプチド受容体BRS-3欠損マウスにおける代謝異常と肥満. 1997年 第20回日本神経科学大会