グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  教員紹介 >  准教授 後藤 隆浩/Takahiro Gotou

 

准教授 後藤 隆浩/Takahiro Gotou


最終卒業(修了)
大学・大学院
筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科各国文学専攻単位取得満期退学
学位 文学修士 (1990年3月) 名古屋大学
主な職歴 1998年 4月 静岡産業大学経営学部 講師
2002年 4月 静岡産業大学経営学部 助教授 (2007年度4月より准教授)
専門分野 イギリス文学
研究テーマ 20世紀イギリス文学における言語と共同体
担当科目 英語 I-1・ I-2、英語 II-1・ II-2
所属学会 筑波イギリス文学会、筑波大学比較・理論文学会、日本英文学会、日本比較文学会
教育・研究内容 1. 国際化の進展する現代社会において、英語を技能として使いこなす能力が、ますます求められてくると思われます。授業においては、まず学習者に英語の重要性、必要性をよく理解してもらい、学習意欲が高まり持続するよう適切なアドバイスをしていきます。段階的語学トレーニングを行い、英語運用能力の基礎を固めます。
2. TOEICや英検など、英語の資格試験の内容、学習法についての説明を行い、実際の受験にも十分対応できるよう具体的に指導いたします。社会的に役立つ生きた英語力の養成を目標としております。
3. 今までの授業経験に基づいて、工夫をこらした効果的な授業を提供いたします。英語学習が楽しくおもしろくなるように、いろいろなコツや文化的知識などを伝えていきたいと思います。イギリス文学研究から得られた知識を、比較文化的視点で授業に活用していきたいと考えております。英語教授法の研究という観点から、英学史にも関心をもっております。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
学術論文 “Typhoon”における語りの戦略 2002年1月 『筑波イギリス文学』第7号 筑波イギリス文学会
Heart of Darkness における語りの構造 2002年10月 静岡産業大学論集『環境と経営』第8巻第2号
「秘密の共有者」におけるテキストの構造 2006年10月 『言葉の絆』藤原保明博士還暦記念論文集
(開拓社)
“The Lagoon” における深層構造 2008年12月 静岡産業大学論集『環境と経営』第14巻第2号
“Typhoon”における差異の構造 2013年3月 静岡産業大学論集『環境と経営』第18巻第2号
“Typhoon” における他者の構造 2014年12月 静岡産業大学論集『環境と経営』第20巻第2号
学会発表 “An Outpost of Progress” における
心的現象
2008年5月 国際文化表現学会2008年度(第4回)大会
“Typhoon” における他者の問題 2012年12月 国際文化表現学会2012年度東京研究会