グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  情報学部 >  教員紹介 >  准教授 塚本 博之/Hiroyuki Tsukamoto

 

准教授 塚本 博之/Hiroyuki Tsukamoto


最終卒業(修了)
大学・大学院
横浜国立大学教育学部体育専攻卒業
学位 教育学士 (1985年3年) 横浜国立大学
主な職歴 1991年5月 静岡学園短期大学 学務課(教務)主任
1994年4月 静岡産業大学経営学部 学務課(教務)主任
1998年4月 静岡産業大学国際情報学部 講師
2005年4月 静岡産業大学情報学部 助教授
2007年4月 静岡産業大学情報学部 准教授
専門分野 体育心理学、発育発達学
研究テーマ 近代バレーボールにおける戦術・ゲームの分析法、発育発達学(主に足跡)からみた体力の変遷
担当科目 インドアスポーツI、アウトドアスポーツI~V、レクリエーションスポーツ、現代健康科学
所属学会 日本体育学会、日本学校保健学会、発育発達学会、日本バレーボール学会、日本体力医学会、日本靴医学会、日本成長学会、日本母性衛生学会
社会的活動
  • FIVB国際バレーボール連盟公認コーチ
  • (公益財団法人)日本バレーボール協会公認講師
  • (公益財団法人)日本体育協会上級コーチ
  • 静岡県バレーボール協会理事
  • 静岡県バレーボール協会指導普及副委員長
  • 静岡県大学バレーボール連盟副理事長
  • 静岡県中部バレーボール協会常任理事
  • 東海大学バレーボール連盟理事
  • 静岡県地域スポーツ指導者協議会理事
  • 藤枝市スポーツ振興審議会委員
教育・研究内容 男女バレーボール部総監督として、心・技・体バランスのとれたチーム作りを目指しています。教育の一環としての部活動のあり方、望ましいアプローチの方法とは?個人として社会に必要な人材とは?バレーボールを通じて日々考えています。同時に、東海大学リーグ静岡県勢初制覇と、Vリーグ選手を育成することが現在の大きな目標です。
また、ゼミナールでは、文部科学大臣認定の「スポーツ指導者」の資格取得講座を開催し、ゼミ生に資格を取得させています。そして専門の指導者のいない地域の小・中・高等学校に、バレーボールの指導者として学生を派遣しています。
さらに、静岡県バレーボール審判講習会を本学部で開催し、希望者には日本バレーボール協会公認の審判委員の資格を取得させ、国体や各種全国大会に公認審判委員として派遣しています。
近い将来、藤枝キャンパスが静岡県バレーボールの「選手」「指導者」「審判」の育成3本柱の中心になれるよう、教育・研究を重ねていきたいと考えています。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
著書 まなびのとびら(共著) 2013年3月 羽衣出版
学術論文 バレーボールのゲーム分析-ラリーポイント制導入による
ゲームプランの変化-
2000年3月 静岡産業大学国際情報学部
研究紀要第2号 
バレーボールのサーブの有効性について 2000年3月 静岡産業大学国際情報学部
研究紀要第7号
大学生の喫煙の実態について~平成18年度静岡産業大学情報学部新入生を対象として~ 2007年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第9号
部活動における人間教育の在り方について
~静岡学園高等学校バスケットボール部を対象として~
2010年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第12号
バレーボールのゲーム分析
~2009東海大学リーグを対象として~
2011年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第13号
スポーツ競技者の自己信頼度に関する尺度開発 2011年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第13号
大学生の体験活動の現状と課題 2012年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第14号
靴と下駄を履いた前後の集中力の相違に関する基礎的研究
-「百ます計算」の平均値を比較して-
2013年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第15号 
大学バレーボールにおける戦術に関する研究
―ルール改正に伴うレセプション成功率の比較-
2014年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第16号
学校教育環境における健康相談活動支援システム開発に
関する基礎的研究の展望と具体的展開について
2014年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第16号
快画像および不快画像の対比提示における生体信号と主観評価について 2014年5月 バイオメディカル・ファジイ・システム学会誌,Vol.16,No.1
1/fゆらぎを持つとみなせる楽曲および環境音聴取時の
脈波解析とVisual Analog Scaleによる主観評価
2014年5月 バイオメディカル・ファジイ・システム学会誌,Vol.16,No.1
大学女子バレーボール選手における跳躍高
および等速性膝関節筋力の関係
2014年7月 バレーボール研究Vol.16,No.1
大学バレーボールにおける戦術に関する研究
―サーブ効果率の検討-
2015年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第17号
靴と下駄を履いた後の集中力に関する研究
-幼稚園児の「○×作業」を比較して-
2015年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第17号
健康相談活動支援システムの開発を目指した
Visual Analog Scaleによる主観評価測定のための携帯端末向けソフトウェアの開発
2015年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第17号
幼児の足趾の状態 2015年3月 靴の医学第28巻2号
環境音刺激下での加速度脈波解析および主観評価について 2016年3月
静岡産業大学情報学部研究紀要
第18号
バレーボールのローテーション評価
-2015東海大学バレーボールリーグを対象として-
2016年3月 静岡産業大学情報学部研究紀要
第18号
身長からみた幼児の接地足蹠画像の形態学的分析 2016年3月
静岡産業大学情報学部研究紀要
第18号
大学生の糖尿病に関する意識と食生活における重要項目の探索 2016年3月 静岡産業大学情報学部研究紀要
第18号
大学女子バレーボールにおける得点獲得パターンに関する研究 2016年3月
日本女子体育大学スポーツトレーニングセンター紀要Vol.19
靴保育と下駄保育をしている幼児の足趾の状態(第1報) 2017年3月
静岡産業大学情報学部研究紀要
第19号
9人制女子バレーボールにおける戦術に関する研究 2017年3月 日本女子体育大学スポーツトレーニングセンター紀要Vol.20
その他 スポーツ選手の健康管理に関する研究
-S県選手10年間の健康診断・調査推移から-
2001年9月 日本体育学会 第53回大会
幼児~小学生の接地足蹠画像の形態学的分析 2013年3月 日本発育発達学会第11回大会
幼児の土踏まず形成の形態学的分析 2013年6月 第25回日本体力医学会
北陸地方会大会
大学バレーボールにおける戦術に関する研究
-ルール改正に伴うレセプション成功率の比較-
2013年8月 日本体育学会第64回大会
学生の情報スキル主観評価に対する Visual Analog Scale
の応用(2010年~2013年における経年測定)
2013年9月 日本教育工学会第29回全国大会
幼児の接地足蹠画像の形態学的分析 2013年9月 第27回日本靴医学会学術集会
幼児の土踏まず形成の形態学的分析 2013年9月 第68回日本体力医学会大会
1/fゆらぎを持つ楽曲および環境音聴取時の脈波解析と
Visual Analog Scaleによる主観評価
2013年10月 バイオメディカル・ファジイ・システム学会第26回大会
快画像および不快画像の対比提示における生体信号変化について 2013年10月 バイオメディカル・ファジイ・システム学会第26回大会
大学女子バレーボール選手における傷病歴
―受傷時期に注目した静岡県の事例―
2014年2月 日本バレーボール学会第19回大会
大学女子バレーボール選手における跳躍高
および等速性膝関節筋力
2014年2月 日本バレーボール学会
第19回大会
人の生体信号から情動を測定するための装置開発 2014年3月 第19回電子情報通信学会
東京支部学生会
大学バレーボールにおける戦術に関する研究
-サーブの種類とその比較-
2014年8月 日本体育学会第65回大会
バレーボールコートにおける特徴点を利用した3時限動作解析
~一般男子大学生のスパイク動作について~
2015年3月 日本バレーボール学会
第20回大会
クラブ男子バレーボール選手における傷害と疼痛
-平成26年度全日本6人制バレーボールクラブカップ
2015年3月 日本バレーボール学会
第20回大会
生後月数からみた幼児の土踏まず形成-接地足蹠画像のα角と内足線~土踏まずまでの距離の分析- 2015年3月 日本発育発達学会第13回大会
生後月数からみた幼児の土踏まず形成趾-接地足遮画像の趾の分析- 2015年3月 日本発育発達学会第13回大会
靴・靴と下駄・草履を履いている幼児の足の発達の比較検討 2016年3月
日本発育発達学会 第14回大会      
生後月数による幼児の足趾の状態 2016年3月 日本発育発達学会 第14回大会      
バレーボールコート内の既知点を用いた3次元座標空間の再構築方法の精度とその特徴 2016年3月 日本バレーボー学会 第21回大会
9人制女子バレーボールにおける戦術に関する研究 2016年8月 日本体育学会 第67回大会
幼児を持つ保護者の靴の購入状況 2016年9月 第30回日本靴医学会学術集会
健康相談支援活動に対するコミュニケーションロボット導入の試み 2016年11月 バイオメディカル・ファジイ・システム学会第29回大会
世界一流男子バレーボール選手のスパイク動作
-FIVBワールドカップ2015男子大会において-
2017年3月 日本バレーボール学会 第22回大会