グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  情報学部 >  教員紹介 >  特任教授 松井 富佐男/Fusao Matsui

 

特任教授 松井 富佐男/Fusao Matsui


最終卒業(修了)
大学・大学院
横浜国立大学大学院経営学研究科修士課程修了
埼玉大学大学院経済科学研究科博士後期課程修了
学位 経営学修士 (1977年3月) 横浜国立大学
博士(経済学) (2009年3月) 埼玉大学
主な職歴 1994年4月 静岡学園短期大学経営情報科 講師
1998年4月 静岡産業大学国際情報学部 講師
2000年4月 静岡産業大学国際情報学部 助教授
2004年4月 静岡産業大学国際情報学部 教授
2005年4月 静岡産業大学情報学部 教授
専門分野 財務会計、経営分析、情報会計
研究テーマ 近代会計の形成過程について
担当科目 会計情報システム論、財務諸表入門、税務会計入門、経営分析論、簿記演習I・II・III、財務会計論
所属学会 日本簿記学会、日本経営分析学会、日本会計研究学会、経営情報学会
社会的活動 静岡市産学交流センター協議会作業部会員
教育・研究内容  わが国の企業は、グローバル化した経済のなかで、これまで以上に効率的な経営が求められている。特に、企業経営の迅速性および企業情報の透明性などは、企業の維持にとって重要なファクターとなっている。こうした視点に立ち、学生に対して財務情報の作成および分析方法について授業で教えている。このような知識等を習得することによって、日々新聞等で掲載される経済・経営に関する記事を解読することが可能になり、理解が深まる。また、学生が企業で実習体験(インターンシップ)することによって、実際の企業活動を具体的に知ることになり、大学での理論と実際の経営活動とを関連して理解することができるようになる。このようにして、できるだけ広い視野をもった学生を育てたいと考えている。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
著書 財務会計要論 2002年4月 創成社
基礎から学ぶ簿記原理 2004年4月 税務経理協会
学術論文 ソフトウェアの資産性とその会計処理の方法
-(含)ソフトウェア会社の収益性分析-
1997年3月 年報経営分析研究1997年第13号
ソフトウェア会計に関する一考察
-ソフトウェア原価の資産性概念を中心として-
1997年3月 静岡学園短期大学
研究報告第10号
情報会計の特質と電子開示システム 1999年3月 静岡産業大学国際情報学部
研究紀要第1号
理解可能な会計情報の伝達システムについて 2000年5月 『會計』第157巻第5号
森山書店
実現概念の展開 2002年2月 静岡産業大学国際情報学部
研究紀要第4号
実現概念の会計的意義と展開 2002年8月 日本簿記学会年報
2002年第17号
減価償却概念の形成過程について 2004年2月 静岡産業大学国際情報学部
研究紀要第6号
減価償却の基礎概念の成立について
-19世紀後半から20世紀中葉までの減価償却観を中心にして-
2005年2月 静岡産業大学国際情報学部
研究紀要第7号
減価償却の意義と税務会計上の問題点 2006年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第8号
減価償却の本質に関する一考察 2007年2月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第9号
修繕引当金概念の検討-特に減価償却費との関連による考察- 2008年2月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第10号
戦後日本の資産再評価と特別償却に関する一考察
-昭和20年・30年代を中心に-
2009年2月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第11号
減価償却の財務的機能について
-節税効果の分析を中心に-
2010年3月 静岡産業大学情報学部
研究紀要第12号