グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  情報学部 >  教員紹介 >  教授 小林 健一郎/Kenichirou Kobayashi

 

教授 小林 健一郎/Kenichirou Kobayashi


最終卒業(修了)
大学・大学院
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了)
学位 理学博士(1988年3月) 東京大学
主な職歴 1989年9月 仁科記念財団研究員(ハーバード大学)
1994年4月 東京大学原子核研究所理論部研究員
1995年4月 静岡学園短期大学基礎教育 助教授
1998年4月 静岡産業大学国際情報学部 助教授
2005年4月 静岡産業大学情報学部 助教授
2006年4月 静岡産業大学情報学部 教授
専門分野 情報科学、物理学
研究テーマ 実用的なソフトウェアの開発、ひも理論
担当科目 プログラミング基礎、プログラミング基礎演習、システム設計基礎、システム設計基礎演習
所属学会 日本物理学会、情報処理学会
教育・研究内容 JICA短期専門家として、1997年と1999年に北京に行き、C++によるプログラミングの指導をしてきました。また、静岡県富士工業技術センターで、2004年にVisual Basic .NETの講義を、2005年にはITの基礎に関する講義を受け持ちました。さらに、2005年から大学ネットワーク静岡の委員を務めています。
 現在は、ソフトウェアの開発の手法等を調べ、「失敗しないためのプロセス」のあり方を研究しています。ソフトウェアの開発には、「プログラムのバグ」という問題がつきまといます。また、「プログラミングそのものではない事」、特に、「人間の問題」も多くあります。このような問題を解決することの重要性は、これまでにも強調されてきました。しかし、個別の問題に適用できる現実的な解決方法は、なかなか見つからないことが多いようです。
 「失敗しないためのプロセス」とは、「現実に起こる問題」に対処するプロセスです。私は、そのような実際的なプロセスを研究しています。興味のある方は、ご連絡ください。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
著書 プログラミング実習VC++入門編 2001年4月 ソフトバンク・パブリッシング
これならわかるC++ 2001年5月 講談社ブルーバックス
これならわかるJava 2003年1月 講談社ブルーバックス
新・これならわかるC++ 2006年10月 講談社
学術論文 Quatum Group and S-matrix(量子群とS行列) 1997年3月 静岡学園短期大学研究報告第10号
C++言語におけるデータ抽象 1998年3月 静岡学園短期大学研究報告第11号
メールの利用状況等に関するアンケート調査 1998年10月 平成10年度情報処理教育研究集会
講演論文集
初心者を対象としたC++プログラミング教育について 1999年3月 静岡産業大学国際情報学部
研究紀要第1号
初級プログラミング教育におけるVC++/MFCを活用した
カリキュラムの提案
1999年11月 平成11年度情報処理教育研究集会
講演論文集
その他 Jon Bentley著
Programming Pcarls「珠玉のプログラミング」(翻訳)
2000年10月 ピアソン・エデュケーション
A. Koening. B.E.Moo著
Accelerated C++ 「Accelerated C++」(翻訳)
2001年12月 ピアソン・エデュケーション