グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  スポーツ人間科学部(2020年4月設置構想中)

 

スポーツ人間科学部(2020年4月設置構想中)


2020年4月、磐田キャンパスに新学部 設置構想中
スポーツ人間科学部(仮称)、新展開

※スポーツ人間科学部(仮称)は現在構想中であるため、記載内容については予定であり、変更する場合があります。

豊かな“社会”と“人間”を産み出すヒントが、スポーツの中にあります。

「スポーツ」を学びのテーマに、磐田キャンパス擁する国内屈指の施設・環境に加え、約半数が「博士号」取得という充実した教師陣。さらに、これまでの産学官連携プロジェクトの実績を継承して、“スポーツが好き”という思いを“生き方にかえていく”、スポーツ人間科学部(仮称)として新たに展開していきます。
スポーツには、想像を超えた「力」があります。心と体をリラックスさせてくれる「運動」であり、感動を与えてくれる「文化」であり、ルールや人間関係を教えてくれる「学びの場」です。
プロの競技者だけでなく、科学的な知識を持つ指導者や、リーダーシップを備えたビジネスパーソンなど、多彩な場面で活躍できる高い人間力を身につけてください。


クリックで拡大

スポーツ人間科学部(仮称) 特徴

学部長メッセージ

スポーツ人間科学部(仮称)学部長予定者/教授
小澤 治夫 Haruo Ozawa
静岡県出身。医学博士。東京教育大学(現筑波大学)大学院体育学研究科修了。筑波大学付属駒場中高校教諭、北海道教育大学教育学部教授、東海大学体育学部教授、同体育学研究科長、スポーツ医科学研究所教授
を経て、2017年より現職。

「スポーツ」が持つ多様な価値を学びのテーマに据え、
高い人間力を持つ人材を育てる独自の学部を目指します。


私は中学、高校、大学、大学院で、約40年に渡ってスポーツ教育に携わってきました。その中で痛感したのが、日本ではスポーツが「指導者の命令で厳しい練習を繰り返す苦しいもの」になってしまっていることです。スポーツとは、本来楽しいものです。心と体をリラックスさせます。勝利することで大きな達成感を味わえます。コミュニケーション力や指導力、協調性や向上心を育ててくれます。試合を観戦し応援するだけでも感動や爽快感を手にできます。そうしたスポーツが持つ多様な価値を見つめ直し、スポーツと科学、ビジネス、人間科学を結びつけることで、豊かな知識と人間性を備えたリーダーを育てるのがこの学部の使命です。これまで多くのトップアスリートと接して来ましたが、誰もが聡明な人格者でした。皆さんもスポーツを入口に、そんな大きな人間を目指してください。

磐田キャンパスをご紹介します。