まなびのとびら

自然な英語を学ぶ

    Yahoo!ブックマークに登録   Check     

准教授 エイドリエン ガーデン(応用言語学、オセアニア地域研究)

私はニュージーランド人で英語を教えています。文法だけではなく、学生がネイティブスピーカーが使う自然な英語を出来るだけ話せるように期待しています。

テキストにある表現や語彙を覚えるだけではなく、そこにないネイティブスピーカーがよく使う表現を中心に授業を進めています。例えば、授業中や合間にも学生と英語で会話をしたり、私が行ってきたことや考えてきたことなどについて学生と話し合いをしています。また、ニュージーランド人と日本人の考え方の相違についても話しています。私が話したことに対する意見や、学生が最近何を行ってきたかについて彼等と積極的に意見交換をしています。

このように、様々な機会を設けることによって、学生のリスニング力やスピーキング力を高めると同時に、学生は異なる考え方や行動について学ぶことができます。そして、自然な英語に馴染み、自然な表現を覚えることができると考えています。

真剣に英語や異なる生活習慣を海外で学びたい学生のために、静岡産業大学は、ニュージーランドに2週間、3週間、6ヵ月、あるいは、1年間の留学の機会を設けています。興味のある学生に、留学先のワイカト大学(ニュージーランドの国立大学)の英語の授業内容や、ニュージーランドでの生活について、スライドショーを用いて紹介もしています。留学を決心した学生には、私のオフィスアワー時に、英語の特訓も実施しているところです。

ガーデン写真.jpg