グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  キャリア・就職支援 >  社会で活躍する卒業生

 

社会で活躍する卒業生


先輩たちのSUCCESS STORY


磐田信用金庫に就職

大学生活は、チャレンジのための時間

入学当時は将来のビジョンは全くなかったのですが、1年次に今の内定先の職種に興味を持ち、3年次に「地元で働きたい」という思いが強くなり、就職先を絞って活動を始めました。
就職支援課の方々が相談に乗ってくれたり、過去に人事の仕事を経験していた先生が小論文や面接の練習に付き合ってくれたりと、悩むことなく就職活動ができました。この大学では、多くの時間をかけて新しいことにチャレンジできる環境が整っています。
僕もファイナンシャル・プランニング技能検定や販売士、簿記などの資格を取得し、興味のあることには何でも挑戦してきました。自分の好きな静岡の地で、地域の力になれる社会人になりたいと思います。

経営学部経営学科 2016年3月卒業
伊藤隆太さん 静岡県立磐田西高等学校出身

静岡県警察に就職

男子一生の仕事を、静岡で全うする

小・中学生の時にそれぞれ警察の方と接する機会があり、「仕事のやりがい」についてアドバイスをもらったことが、この職業に憧れたきっかけでした。
大学3年生の時に、父から「男子一生の仕事として、何をしたいのか」と言われ、昔に抱いた感情が高まり、本気で警察官をめざすことを決心しました。それからは、公務員受験研究会の先生から警察官になるための効率的な勉強法を教わったり、学友会というサークルで、試験の中でも配点の大きい「面接」について先輩方に鍛えてもらったりしました。
卒業後は警察官として、お世話になった人に恩返しできるよう、自分が育った静岡の街と人々の安全な暮らしを守っていきたいですね。

経営学部経営学科2016年3月卒業
望月慎祐さん 静岡県立静岡西高等学校出身

(株)安心堂に就職

好きなことを、将来の仕事につなげる

今の就職先とは、3年生の後半に大学の合同ガイダンスで出会いました。人事の方に優しく対応してもらったことが印象的で、第一志望として考えるようになりました。
就職活動中は悩みや不安でいっぱいでしたが、大学に行くたびに就職支援課を訪れ、相談を通じて勇気づけてもらいました。担当の先生からも、「会社の人事が求める人材」についてなど就職に役立つアドバイスをいただき、本当に感謝しています。私は自分のやりたい仕事や、支えてくれる人たちと出会えたことで、仕事への不安を「好き」に変えることができました。
皆さんも自分の「好き」を広げながら、この産大で「やりたいこと」を見つけてみてはいかがでしょうか。

情報学部情報デザイン学科 2016年3月卒業
山脇雅月さん 私立常葉学園菊川高等学校出身