沿革・理念とミッション

本学は、母体である静岡学園の建学の精神「孝友三心(服する心、感謝する心、全うする心)」を継承し、次の「理念」と「ミッション」を掲げ、21世紀を担う人材の育成に努める。

理念

01 「東海に静岡産業大学あり」といわれる、小粒だがキラリと光る個性ある存在になる。新しい大学を創造し、大学の新しいモデルとなる。
02 豊かな教養と、高潔な倫理観、人間愛、社会に対する広い貢献意識を備えた職業人、社会のリーダーの育成に努める。21世紀の産業社会と国際社会の求める専門的職業教育を推進することに徹する。

ミッション

01 時代の先端的な教育を行うことを第一義的な使命とする。そのために先端的な水準の研究を行う。教育の品質と生産性を重視し、教育の質を保証する場とする。入学するには易しいが卒業するには難しいとされる大学を目指す。
02 自由、自主自立、自己責任、自己管理を尊重するとともに、積極性、チャレンジ精神を重視し、行動とボランティア精神を求める。公平さ、フェアネス、合理、人間愛を常に判断の基準とする。
03 学ぶ学生の能力を偏差値に求めず、偏差値では測定できない個々の学生の潜在能力を引き出し、開発することを重視する。個々の学生の夢、志が達成、成就できるよう支援、サポートする。
04 教員には教育のプロに徹することが求められる。少人数教育、個別指導をモットーとする。
05 新しい教育法、教育内容、教育水準により本大学の社会的地位を確立する。
06 地域社会の発展に寄与する教育、研究、情報、アイディア、サービス等の提供を通じて広く社会貢献を行う。社会一般と積極的にかかわり地域と住民、産業とともに発展、成長することを目指す。
07 人種、国籍、性、宗教、年齢等をベースにした制度、支援策、教育、評価などを導入しない。
08 教職員、学生全員が本学に属することに誇りを抱き、各自が高い質の生活と人生を享受できるよう互いに努力する。

大学機関別認証評価

大学機関別認証評価

静岡産業大学は、2008年度、財団法人日本高等教育評価機構の認証評価を受け、認定されました。
この評価報告書では、本学が独自に行っている「大化け教育(オバケスイッチ)」や「ティーチングメソッド研究会」等の活動が「優れた点」として客観的に高く評価されました。
教育水準の向上のため、今後も更なる改革・改善に取り組んでいきます。

県民大学宣言

01 静岡産業大学は、静岡県、磐田市、藤枝市、県内有力企業と多くの市民の支援の下に誕生し、静岡県、地域社会の為に貢献し得る有為な人材を育成、輩出することを付託された公器であることを常に念頭に置き、高水準の先端的な教育研究活動を展開します。
02 静岡産業大学は、大学の有する人材、教育力、研究力、知識、情報、アイディア、施設を広く提供し、静岡県、地域社会の発展に積極的に貢献します。
03 静岡産業大学は、静岡県、地域社会の発展に必要な知識、情報、アイディア、新産業の創造に積極的に取り組みます。
04 静岡産業大学は、産官学民各層の連携のもとに協力し合いつつ行動します。
05 静岡産業大学は、県民や、地域社会の住民が誇れる大学、"東海で小粒だがきらりと光るユニークな存在"になるよう常に進化、発展に努力します。

沿革

1965年 12月 学校法人第二静岡学園認可
静岡学園高等学校設置認可
1966年 4月 静岡学園高等学校開校、静岡学園幼稚園開園
1971年 4月 静岡学園高等学校理数科新設
1977年 12月 静岡学園中学校設置認可
1978年 4月 静岡学園中学校開校
1987年 12月 静岡学園短期大学設置認可
1988年 4月 静岡学園短期大学開学
1993年 12月 静岡産業大学設置認可
1994年 4月 静岡産業大学経営学部経営環境学科開学
1996年 4月 静岡学園短期大学英語科を英語コミュニケーション学科に改称
1997年 12月 静岡産業大学国際情報学部設置認可
1998年 4月 静岡産業大学国際情報学部開学
1999年 3月 静岡学園短期大学廃止
2001年 4月 静岡産業大学経営学部情報マネジメント学科開設
2005年 4月 静岡産業大学経営学部経営学科・スポーツ経営学科開設
静岡産業大学情報学部情報デザイン学科・国際情報学科開設
2011年 4月 法人名を学校法人新静岡学園に変更
2012年 4月 静岡産業大学経営学部心理経営学科開設